あなたは、ここで何を感じると思いますか?

豊かな森と美しい川に恵まれた石川県小松市大杉町。

今なお手つかずの大自然や伝統的家屋が残り、
昔ながらの伝統が息づくこの土地に足を踏み入れると、

あなたの故郷に帰ってきたような、
懐かしく温かい気持ちに包まれます。

「伝泊 小松」は、人々が大切に守り続けてきた自然・文化・ココロを未来へ伝えていきたいという想いで、2021年5月に開業したばかりです。

「伝泊」の「伝」は「伝統」、「伝説」、そしてそれを「伝える」ということ。

ここはただのホテルではありません。

ただ何となく通り過ぎるだけのホテルではなく、
あなたの記憶に残るホテルでありたいと願っています。

ちかくに、有名な観光名所やおしゃれなカフェはございません。
その代わり、雄大な大自然があります。

ぜひ、あなた自身で
この場所の価値を感じてください。

囲炉裏、ウッドデッキがある川沿いの宿

大杉谷川に佇む囲炉裏の宿

伝統的・伝説的な建物を改修した最大5名様までの一棟貸の宿。ご家族やグループに最適。

心酌み交わすうるおいの宿

いったい伝泊とは、どんな施設なのか?

奄美出身の建築家・山下保博がつくる伝統建築と集落文化を次世代に伝える宿泊施設「伝泊」

私の生まれは、奄美大島です。
私の祖先も、奄美です。 奄美は皆さんが知っている通り、自然に囲まれています。
サンサンと降り注ぐ太陽、透き通るような海、色とりどりの花や緑、そして動物達がいる自然豊かな場所です。

そこで学んだことは、「人間も含めた全てのモノが役割を持っているということ、
お互いがすごく近しい関係の中で、それぞれが活かされているということ」の二つです。

伝統的な建物を残し、島の歴史を多くの人に知ってもらい、次の世代に繋ぐため、 集落の空き家を宿泊施設として再利用することを提案しました。

こうして生まれたのが「伝泊」です。

奄美群島における「伝泊」は、2016年に1棟目を立ち上げて以来、2021年までに奄美大島に15棟、加計呂麻島に3棟を展開中です。

伝泊小松は、奄美群島以外で初めての伝泊ブランドとなります。
詳細はこちらからご覧ください。

山下保博 世界自然遺産が生んだ建築家

奄美大島で伝泊を展開する奄美イノベーション株式会社は、国連世界観光機関(UNWTO)が審査する「第 6 回ジャパン・ツーリズム・アワード」にて最優秀賞である【国土交通大臣賞】を受賞しました。

伝泊を最大限楽しむ7つのご提案

楽しみ方はそれぞれですが、普通のホテルとは違った「滞在そのもの」をお楽しみください。

1. ウッドデッキでBBQ

目の前に大谷川を望むウッドデッキでBBQが楽しめます。BBQコンロ、炭をご希望の方は事前にご連絡ください。BBQが終わった後は、残り火で焚き火もおすすめです。

イワナの掴み取りに挑戦する

建物のすぐ目の前に溜池があり、イワナの掴み取りができます。素手だと難しいので、軍手をお貸しします。捕まえたイワナは、囲炉裏で焼いて食べてください。

食材を持ち込んでキッチンで自炊する

お客様がご利用いただける共用キッチンがございます。アイランド式の広いキッチンなので、みなさんで楽しく自炊してください。無料の調味料もございます。

熊鍋をオーダーして、囲炉裏で食べる

事前オーダー制ですが、熊鍋を食べることができます。

目の前の川で川遊び

夏は目の前の大杉谷川で川遊びができます。水流の緩やかなスポットをご案内しますので、お子様とご一緒に楽しめます。

ゆっくり滞在して、お部屋でワーケーション

山の中で何もない分、仕事が捗るかもしれません。もちろん、WiFi完備です。

なにもしない

もしかしたら、一番贅沢な過ごし方かもしれません。

アクセス

伝泊小松は。小松市内から車で約30分。
大杉地区にございます。

大杉谷川に佇む囲炉裏の宿
住所:石川県小松市大杉町寅110

心酌み交わすうるおいの宿
住所:石川県小松市大杉町モ100

近くにはコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなど一切ございません。食材などが必要な方は、小松市内で調達することをおすすめします。

各地までの所要時間

小松市中心部:車で30分
小松空港:車で30分
金沢市中心部:車で60分
恐竜博物館:車で60分
芝政ワールド:車で30分